2018年05月17日

歯を磨くと血糖値が下がる?

今朝のラジオ。

糖尿病治療専門医の先生が、自身が歯周病だったのを直したら、なんと糖尿病が改善して、毎月3万円の薬代が1一つだけの月600円で済むように劇的に改善したそうです。


これ、歯周病の患者さんから気づかれたそうで、それ以前には歯医者が嫌いで薬で治療していた自分の治療方法で患者さんに不必要な薬代を支払わせてしまったということを猛省されたそうです。


どういうことかというと、歯周病になる

 ↓

出血する。

 ↓

出血(血管が穴が開く)した場所からばい菌が血管に入る。

 ↓

入ったばい菌が血糖値を上げたり、肺炎を引き起こすなど様々な悪さをする。


こういったからくりだそうです。


特に、就寝中に口を開けて寝ると、唾液がなくなりますが、唾液は口内の雑菌を退治するので、口を開けて寝ると口の中に雑菌が繁殖するんですね。
出血があると寝ている間に血液に雑菌が侵入して糖尿妙の原因にもなるのは納得です。


歯磨きは大事。
でも私は食事の直後は歯磨きせずに唾液の刃をきれいにする効果を生かし、代わりにフロストポイントブラシだけ。
歯磨きは寝る直前と起きた直後にしています。



読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ


1092776.jpg
posted by 渚 at 06:46| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。