2017年11月01日

病気は睡眠中に進行する

睡眠不足は体に悪いからよーく寝なさいって親から言われたことある方多いですよね。

これ全然疑ったことなかったんですが、事実は逆かもしれません。
というのも、起きているときに比べて睡眠中は


体温:平均して1度下がります。

体温が一度下がると、免疫力が37%ほど低下するし、

代謝量も17%ほど低下することがわかっています。

そして、がん細胞は35度台の低体温時に最も活発に増殖する。


さらに、酸素量や酵素の活動も低下

さらには、一晩寝ると500〜1000ミリリットルの水分がなくなり、これは体全体の約2%
起きていたら喉が渇くレベルです。
また、寝ているときは当然トイレにもいけないのでおしっこを我慢したり便秘な状態に近いとも言えなくもないです。

あれ?風引いたかなぁって思うタイミングで多いのが「寝起き」ですが、つまり寝ている最中って病気になりやすいか病気が進行しやすい環境といえなくもありません。

寝る=体が休まる

という認識って本当はどうなんだろう?
って最近思います。


と言いつつも、夏でもないのに何故かアイスが恋しくなります(^。^;)
今朝もガーナの棒アイス。

IMG_20171012_055921.jpg

チョコ部がパルムよりも厚めで濃厚。コクもあります。
水分補給はできるだけ常温か温かいものを飲むようにしていますが、アイスだけは冷たくないとだめですねぇ。

IMG_20171024_060058.jpg

読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
ラベル:睡眠 寝不足 病気
posted by 渚 at 23:13| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。