2017年08月13日

楳図かずお

帰省した時に、思い出したように楳図かずおの文庫本をブックオフで買いました。
きっかけは、帰省の途中で立ち寄った、川中島古戦場の敷地内にある長野市博物館という常設展示を見たことです。その展示場で、千手観音が飾ってあり、それを見たときに楳図かずおがこれを題材とした恐怖漫画を子供の頃に読んだのを思い出し、無性に読みたくなったからです。

あいにく、書店にはこのての古典作品は置いてなく新作ばかり。ブックオフに入ったらあるかなぁと思ったのですが、そこにもなし。漂流教室はありましたが、こちらは既に全巻買ってありました。

それ以外に、こちらの2冊
IMG_20170813_223516.jpg
「ドアのむこう」と「内なる仮面」は呼んだことがなく短編集ということで買ってみました。

大人の恋愛を扱った話しが多く、それまでの楳図先生の作品とはちょっと趣向が違うイメージですが、先生の繊細なものの見方の視点と鋭さを感じる作品ばかりの逸品です。

読んだ後に、これはいったいどういうことなんだろうか?先生は何を言いたかったのだろう?
と考えさせられるものや、最後の代どんでん返しに「え?」とドキッとそせられる作品が印象的です。
それまでのスプラッターシーンが多い残虐的な画像は影を潜め、登場人物の深層心理をつぶさに表現した作品が多いように感じました。
楳図先生の懐の広さというか、あのマンガを描いた同じ人がこんなマンガもかけるのか・・・と感心しました。

ということで、しばらくは楳図作品を買いあさりそうですw

読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 渚 at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。