2017年01月27日

よく落ちるメイク落しには界面活性剤がいっぱい

よく落ちるからといってのべつ幕なしでつかっいるとお肌が荒れてしまうかもしれません。

メイクによってメイク落しを使い分ける。


これを豆にやってる人って意外と少ないんじゃないでしょうか?

でも、面倒なことをコツコツやってる方は、長期的につもり積もってお肌のうるおいに違いをもたらしそうですよ。


タイプ別のメイク落しの特徴というと


■ミルク
肌への負担は少ないですが、水分が多いのでクレンジング効果はいまひとつ


■クリーム
適度な油分を含み、肌へのやさしさと洗浄力のバランスがよいです(但しメーカーによって多少のばらつきあり)


■ジェル
リキッドに近いものは界面活性剤が多く、刺激が大きいです。
クリームのような乳白色タイプならオッケーです。


■オイル
強力な界面活性剤で最もよく落ちるが、肌ダメージもかなり大きいです。これを使うのは濃い名句の日だけにしましょう。


読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ


posted by 渚 at 22:27| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。