2016年08月12日

内村航平

リオオリンピックの体操 内村航平さんが2大会連続の金メダル!

おめでとうございます。

が、これだけだと、あーやっぱりって見てない人は思うだろうなぁ。

私は早朝にライブで見てましたが、最後に演技したベルニャエフ選手の鉄棒が終わった瞬間、あ〜銀か〜〜って思ったのは私だけではなかったはず。

で、得点を見たベルニャエフ選手が両手を広げて「え〜〜?」ってジェスチャーした時に「え?もしかしたら内村さんが逆転?本当か?」ってそこで初めて思いました。


それだけ、最後の最後まで点差があったと思います。
得点の1.00の差がどのくらいのものなのか全くわかりませんでしたが、競技をずーと見ていて、これは無理だなぁって思ってしまったので。

確かに内村選手の最後の鉄棒。
あれは驚異的にすごかった。見ていて身震いしちゃったし。始まったと思ったら、ぐんぐんまわって、え〜もう着地か?って思ったらそうじゃなくて、また鉄棒に手がかかって縁起が続く。
正直、あれだけ目いっぱい体を振った状態で棒から体が離れてまた戻るって見ていてちょっとありえない感じです。
それだけ、内村選手の演技は素人のわたしにもすごすぎでした。
でも挽回できる得点差じゃない。
実際、ベルニャエフ選手も無難にまとめた最後の演技後に金メダルを確信したガッツポーズしてましたし。

そういう意味で、ああいった極限状態で最高の演技ができるってどうしてだろう?
そう思ったので終わった後の内村さんのインタビューがとても気になりました。

でインタビューの中の言葉

インタビュアー
「高得点が必要な中で、鉄棒に臨むときはどんな思いで入ったんですか?」

内村さん
「いや、もう。いつもの練習では、絶対にミスがなかったので、その練習だけを信じて着地は絶対止めてやるっていう強い気持ちで・・・で、後は、もう本当にいつも通りを心がけてやりました」

なんと、練習だとミスらないのか!

つまり、彼にとっては当たり前のことをやっただけ。

当然と言えば当然ですね。普段の練習でできたりできなかったりでいて、本番にできるってのはあまり期待できませんから。
ただ、以前体操選手が、本番で着地がミスらずにできるのは本当に運だですから」って言ってたのが妙に記憶にあったので、練習で絶対ミスがないってこと自体がすごすぎです。

もちろん最初からそれは無理なので、そこまでするには相当な練習量があったはずだと思いました。
内村選手って、パッと見ちゃらそうなルックスに見えてしまったりしたんですが、中身はすごくストイックなのかもと思う瞬間でした。

あともう一つ、体操選手の演技を見ていて、すごく他の競技と違うと感じたことがありました。
演技が終わった後の各国の選手とのハイタッチ。
勝っても負けても一緒に喜び合うような雰囲気。
あれっていいよなぁと。

柔道や水泳などと違い、体操はある意味自分との戦い。間接的には他の選手の競技とかもプレッシャーになりますが、基本、自分がベストを出せればいいわけで、他人はある意味関係ないともいえるかも。
とはいえ、特定の国の選手だけではなくどの選手も同じくハイタッチする様子を見て、これは体操競技の国際的な良き習慣なんだろうなぁと感心しました。
お互いに敵とか競争相手とか、そういった見方だとありえないですが、一つ上の見方をすると、同じ体操競技をする仲間という意味での共有感があるからこそなんでしょうか。

とにかく今日は、内村選手の最後の鉄棒が良くて、何回も録画を繰り返し見てしまいました。


読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
ラベル:内村航平 体操
posted by 渚 at 03:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。