2016年06月11日

ラムネにリカバリー効果があると話題になってるが

とある週刊誌によれば、ラムネが激売れしてるそうです。


へ〜なんでだろう?
と思って調べてみたら、主成分のぶどう糖、これが脳や熱中症に効果があるからなんだそうです。
確かに疲れた時には甘いものがよいってよく耳にしますからね。

が私的には、これってどうなのかなぁと違和感を感じました。
なぜなら、ブドウ糖ならこの場合は炭水化物(炭水化物)で取らなくても脂肪から摂ることができると知っているので。
しかもブドウ糖は血糖値を上昇させてインシュリンの分泌を促します。これにより空腹感が出るので食べすぎとかになってしまって帰って健康上よろしくないんじゃないか?
そう思いました。



ちなみに、この週刊誌上では、糖質制限ダイエットをして、極端に糖質を取らないと、血液中にケトン体が増えて体が酸性に傾き危険だという記載もありました。

しかし、ケトン体が増えるから危険なのではなく、糖尿病でインスリンの働きに障害があるからで、問題はぶどう糖の取りすぎが危険というのが糖質制限に明るい医師の方の意見です。
医師の方の中でも誤解されてる方が多いそうなので、そういった事情を知らないと情報に惑わされるだけではなく、自分の都合の良い解釈をして、甘いものは体にいいなどと思ってしまう方が増えそうで心配です。



体にはもちろん一定のブドウ糖は必要ですが、それは炭水化物を摂取しなくても脂質からケトン体を通して得ることが可能で、むしろこれが一般的な摂取の仕方なんだそうです。
糖質からブドウ糖を取るのは本来は緊急避難的な状況下でのみなんです。


栄養学的には三大栄養素の中で炭水化物を最も多くとるのが理想という情報も今だによく見ますが、そういった基準で食べる炭水化物を角砂糖換算するとそれがどれだけおかしいかというのがわかります。

ちなみに、ご飯一杯は角砂糖38個分だそうですよ。
毎食38個の角砂糖って食べれませんが、ご飯という形でなら食べれてしまうのが怖いです。

興味がある方は、過去記事でも紹介していますが、夏井睦さん、ゆうきゆうさん、江部康二さんなんかの本を読んでくださいね〜^^



ダイエットと言えば、野菜が苦手な方、作るのが面倒な方多くないでしょうか?
そういった方は、野菜で取らなくてもこんな方法がありますよ。
  ↓
アサイー酵素スムージー


ラムネで思い出したのが、なんでビー玉入ってるのかってことです。w
あれは炭酸を抜けにくくするため、なんだそうですね。
これはなるほど〜。


読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 渚 at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。