2016年05月22日

足の臭いをとる方法

私は学生時代は、下ネタにとても遅れていまして、恥ずかしながら女性の局部に毛が生えているのを知ったのは高校一年生でした。

それも知ったのは家族から。
当時、親父が姉のピアノの楽譜の間にビニール本(今は死語ですがw)を隠していたのを姉に見つかり、夕食の時につるし上げられそうになったことがりました。でそういった本を見たことがなかった私にびっくりした家族が、「なんだ、お前まだ見たことないのか。だったら折角だからどういうものか見ておけ」という雰囲気になってしまいました。
怪しい本だというのはうすうすわかっていたので、その場で最初は断ったものの、それを見て逆に面白くなったのか強要されて結局見ることに。

驚いたのは、肝心の局部そのものではなく、それ以前に女性のあそこにヘアーがあるという事実でした。
絵的にも肌色よりも黒がインパクトあったんでしょう。


なんで、足の臭いの話でこんな話をまずしたかというと、足が臭いというのも大学に入るまでは知らなかったんです。知らなかったというのはちょっと大げさですね。知識としては聞いたことがあったが、実際に嗅いだ記憶がなかったわけです。
で、初めてそれを体験したのが、大学3年の時に交際していた当時OLの彼女が私のぼろアパートに初めて来た時のことです。私はペーペーの学生で相手は有名百貨店の社員でした。ちょうどそこの地下にある社員食堂でアルバイトして知り合ったんですね。
まぁそれはいいとして、自分のアパートに女性が来たということでウキウキしていた私ですが、彼女が入室した後に、何やら玄関から異臭の漂う感じが気になりました。何だろうと彼女に悟られずに玄関の方に注意を払ったところ、それが彼女の脱いだヒールからだったのを知ってびっくりしました。

あ〜これだったのか〜。と悟ったわけです。

その後、その彼女とはそれがきっかけで別れたという落ちはなくて、逆に私が三行半を下されてしまったわけですがw



そういうわけで、足の臭いの記憶というとあの時のことがすぐに思い出すんですね。
ちなみに私は自分で言うのもむず痒いですが、自分の足の臭いはほぼ感じないんです。他人に嗅いでもらうなんてことは変態と思われるのでしたことはないですが、たぶん匂いはないほうかと。
ところが、先日、知人が仲間内でバーベキューをした際に、なぜか話題が足の臭いになって、そのうちの一人が「俺の靴嗅いでみる?臭わないから」と言って、恐る恐るそのうちの一人が嗅いだら全然臭くないとびっくりしたそうです。そしたら、他のみんなが「え〜。本当か?」と入れ代わり立ち代わりその方の靴のインソールを嗅いだそうなんですよw


なんか、その話を聞いただけでこちらまでおかしくなっちゃいましたが。
無臭というか、むしろなんかいい香りまでする。
なんせ、長時間のバーベキュー(9時間ぐらいは履いていたそうですが)の後だっただけに、参加者全員でなんで?消臭剤何使ってるのって話でもちきりになったそうです。
で、その方が使ってる消臭剤というのを聞いて実際に使ってみた方が、自分はそんなに匂いはしないと言っていましたが、それでも使った靴とそうでない靴は明らかに違ったそうなんです。



この話を聞いて、俄然私も興味がわきました。
というのも私の息子の靴。とっても臭い(笑)
部活終ってそのまま靴脱いでリビングに横になると、足元からぷわぁーとあの足の悪臭がにおってくるのがすぐわかるんです。
あんまりひどいようなら今度試してみようかって思ってます。

その方が使ってるというのがこちらです。
      ↓

グランズレメディ(Gran's Remedy)オリジナル


一緒に旅行に行って1日中歩いて宿に着いた後に、「俺の靴臭わないよ」って自信持って言えるって良くないですか?
たとえ実際に言わないとしても、いつかがれてもへっちゃらって思える自信って良くないですか。

20160522_212142.jpg

読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 渚 at 21:57| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。