2016年05月06日

牛乳石鹸にも界面活性剤が入ってた!

カウブランド、いわゆる牛乳石鹸ですね。この青箱を早速購入しました。
試しに一箱と思ったら、最低でも3箱セットしか売ってませんでした。
大きいのと小さいのがあったので小さい方。
まあこれでも192円は安いです(近所のクリエイトSD)

20160504_204555.jpg

買った後で、これをどこにどうやっておこうかと迷いました。
普通の化粧品なら容器がありますが、これはまんま石鹸です。
受けがないと下がぬるぬるビチョビチョになっちゃいます。

ということで、買った帰りにダイソーがあるのでそこによって手ごろな容器を2個買いました。
2個というのは一つは浴室用
20160504_205355.jpg
で、もう一つが洗面所用です。
20160504_205321.jpg
3個あるから2個同時に使えた(・∀・)b


まだ、オルビスの洗顔剤はちょぴっと残っておりますが、折角かったので早速お風呂に入った時に洗顔で使ってみました。

香りはあの懐かしい牛乳石鹸の香り。
あ〜そうそう、こんな匂いだったなぁという感じ。
特に特筆するほどいい香りって感じじゃないですが、かといって安っぽさもなく、いたって清潔感に一溢れた爽やかな石鹸臭。


ちょっとだけ手に取って洗顔した手触りですが、思った以上にしっかりした感じ。
これは、今まで使っていたオルビスが肌に優しい手触りなのとは対照的。
しかも落ちも悪い。洗い残しがないようにしっかり洗いました。


入浴後に肌がカピカピになるかというとそれほどでもなく、まあこんなもんかなぁという感じ。
@コスメで洗顔剤1位で殿堂入りという理由が今一つ実感できませんが、シンプルで癖もなくしかもお値段格安って言う総合的な評価なのかなと感じました。



で、よけいなものがないと思っていましたが、一応成分を確認
20160506_074817.jpg
◆成分名
石ケン素地
香料
乳脂(牛乳)

ステアリン酸
酸化チタン
EDTA−4Na

・・・・

後半の3個の成分が怪しそうです・・・
で、本家のサイトを見たらちゃんと界面活性剤だってだんげんしていた。

http://www.cow-soap.co.jp/web/event/whats-sekken/capter06/

が、これは過剰反応だと思いなおしました。
というのも、人の肌は元々放っておいても皮脂が出るし、ターンオーバーもあるので。
確かに界面活性剤自体は肌のストレスになりますが、だからと言って使っていない商品にこだわりすぎる必要はない。


例えが旨くないですが、筋肉なんかも運動するといたんで傷ができるけれど、それが修復されてより強い筋肉になるとも言われますし。
大事なのは洗いすぎたり、化粧品を使いすぎて皮膚に必要な皮脂まで洗い流してしまい、常在菌を死滅させてしまうこと。

使う商品も大事ですが、使い方はもっと大事ってことですね。
ということで、牛乳石鹸をこれから愛用します(`・ω・´)


読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ


posted by 渚 at 08:36| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。