2016年05月02日

遠回りが一番近道

今年になってから動画サイトにアップされていたイチロー選手と稲葉篤紀さんの芝生に腰を下ろしての長時間インタビュー。

それまでのイチロー選手とはちょっと違う、お茶らけた感じの和やかな雰囲気にちょっとほっとしました。
が、心を打たれたのはタイトルの言葉「遠回りが一番の近道」という言葉でした。

この場合の遠回りは、遠回りなことに食いついているという事じゃなくて、後から思い起こしたら遠回りだったと気づく遠回りだといっています。

何だか耳に心地がよさそうな言葉で、単にいいこと言うなぁと流してしまいそうですが、もう一で自分の中で咀嚼してみました。
遠回りは実は一番の近道で遠かったというのは、やっている時は気づかずに後で気づく、ということ。
これは、なにか物事をする時に、楽なことや効率がいいことだからするというのとは違うことなんだってことだと思います。
時間が少なくて済むとか、使うエネルギーが少なくて済みそうだというのが目的になってしまうと本来の目指す目的とずれてくる、そういう事じゃないかと。

自分を成長させる、そして成長し続けるには、何が今必要かという事に対して、解答というのは一つではなく、さまざまな答えがあり得るはず。そういう時に、楽な方やより少ない老職でできそうなことを選んでいたらそれは、短期目線で結果が出せても長期的には淘汰されてしまう。
人間というのは、変わらない環境を好むし、今の環境が変わることを嫌う生き物だと思います。でも今の自分が成長するためにはそういう環境を出て、ストレスや不安の中でもまれながら新し発見や気づきを体得しないとできない。
だから、易きに流れてはダメなんだ。

何となくですがそんな感じでそうだよな〜と二人の対談を聞きながら何度もうなずきました。

読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 渚 at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。