2016年04月29日

退行催眠で過去の記憶が合成できる

退行催眠という言葉を聞いたことがある方は多いのでは。
被験者に催眠術を施して、過去の記憶を呼び起こすあれです。
その退行催眠で機能脳科学者の苫米地英人さんの本に興味深い話がありましたのでちょっと紹介したくなりました。


これは苫米地さん自身が行った実験で、ある被験者に


Aというアイコンと5歳の頃の母親と砂場で遊んだ自分の記憶を結び付け
Bというアイコンと20歳の頃の登山の思い出を結びつけました。

Aで被験者は懐かしさのあまり泣き出し、
Bでは「臭い臭い」と言い出しました。2週間風呂に入れなかったので自分や仲間のニオイが強い記憶となって残っていたようです。


ところが、A+Bのアイコンを見せたところ、今度は被験者は「臭い臭い」と言いながら涙を流しはじめたそうです。
しかもその後被験者はこの合成された記憶を通常の過去の記憶として認識したといいます。

合成された記憶なので改めて元に戻そうとしたところ、被験者が面白い記憶だから残してほしいと希望されたとのこと。


この場合は実験ですが、恐らく自分では気づかずに無意識に過去のぶつ切れの記憶を勝手に合成されているという事は十分あり得るんだそうです。


この話を読んだときに思い出した話があって、
仕事でミスをした後で、ミスはしないようにと注意を受けたのにそのことがかえって同じミスの繰り返しになりやすいというのを思い出しました。
○○するな、といわれると、脳は一旦まるまるする自分をイメージしてしまうんだそうです。
結果的にそれをしないようにではなく、してしまう自分のイメージが優先されて、まるで自分で自分を誘導尋問的に同じ過ちを繰り返させてしまうんだそうで、私なども経験があります。

この話は結構有名で、それを知っている指導者は、あえて意識的にミスが起こった際には必要以上にそのことを話題にしないという方もいらっしゃいます。


脳の知らないクセ。
興味がありますがちょっと怖いですね。

興味がある方はこちらで
  ↓
脳を鍛える「超」記憶法
20160417_182214.jpg

読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 渚 at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。