2016年03月24日

界面活性剤は誰にでもダメージがある

三井物産が赤字になるんだ〜〜

赤字=最終損益、
昔経理やってたんで忘れてましたが、これって家計でいう貯金がなくなるの全然違うんですが、赤字って言うと非常に悪いことって思ってしまいますが、


まあ、よくはないですが、長期的に見るとどうなのかってのは調べないと分からないんですよね。
それに比べて営業損益がマイナスとかだったら本業が赤字ってことだからこれは深刻なんですけど。


マスコミってそういうの突っ込んで言わないからちょっとずるいなぁ、
というか、よく知らないと結構間違って聞いちゃったりしそうで怖いです。


まあそれはいいとして、
化粧品に必ず含まれてるのが界面活性剤。
水と油両方にくっ付いて、汚れを水に溶かすすごい便利なものですが、その一方でお肌にはストレス、
もっというとダメージになる代物です。

成分表示を見ても、どのくらいあるのかどれがそうなのかってのが素人には分かりにくいのも悩ましいですね。
私も忘れていましたが、


ほぼすべての化粧品に大なり小なりある。

あるということは、大なり小なりお肌にストレスになる。
(お肌が弱い人だけってことじゃない)

例えばシャンプーとかクレンジングとか、
かならず「よく洗い流してください」「お肌に合わない方は使用しないでください」みたいにあるのはそういう意味ですよね。


基本スキンケアは、お湯洗いが基本。
化粧品はお肌に必要な皮脂まで落としたりストレスになるので必要最低限で理想はつけないほうがよい。

というのが医療専門家では常識のようです。

何もつけなくていいなら苦労はないですが、実際の生活の中でこれが難しいですよね。
例えば紫外線。

日中長時間外出して、日光に肌を晒してしまう状況ではかかせません。

あと、手の汚れ
皮脂や汗だけではなく、マジックやボールペンの汚れとか人工的な汚れってなかなかお湯だけでは落ちませんから。

なので要所要所でしっかりスキンケアは必要だと思います。
決してつけること自体が悪いってわけじゃないかと。

そして、癒し、これもあります。
特にちょっとお高いけど欲しくて思いきって買った化粧品を自分へのご褒美で付けたり、デートの前に付ける時はお肌だけじゃなく心も生き生きしてきますから。


ということで、今の私の至福はこれです。
  ↓
http://enjoy-lovelife.seesaa.net/article/432682505.html
過去記事

1月に買いましたが、大事に使ってるのでまだまだ持ちます。


読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ


posted by 渚 at 06:29| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。