2016年01月01日

水洗顔前日のスキンケア 落ちない

そんな不快な気持ちを洗顔後に感じた場合は、現在の洗顔方法を見直すグッドチャンスかもしれません。

普段、生活していて、具体的な理由が言えないけれど、何となく変だなぁという第六感的なひらめきを感じた場合、それを単なる思い過ごしと考えず、いったん立ち止まって見直す方向で考えてみる、いやもっというと今までのやり方を疑って改善点のあたりをつけて実際に試してみるという行為はだいじだと思っています。

意識レベルだと分からないけれど、無意識に環境の変化を察知して何らかのシグナルを発することってあるからです。


私そんなが現在している朝の洗顔方法はというと、


まず、お湯が出るスイッチを押す。
 ↓
蛇口をひねり水を出します。(徐々に水がお湯に変わります)
 ↓
キッチンペーパーを一枚取り出して口に含みます。(口に含むことで両手が使えるので)
 ↓
キッチンペーパーを口にくわえながら両手をお湯で洗います。
 ↓
手の甲と手のひらをキッチンペーパーで軽く拭いて、目に見えない汚れを落とします。
 ↓
濡れたキッチンペーパーを丸めて洗面台の脇に置きます。
 ↓
洗った両手で顔を軽く洗います。
 ↓
洗顔剤を米粒3個ぐらい手に取り、泡立てます。
 ↓
泡立てた両手を使い、丁寧に顔をマッサージします。
 ↓
お湯で洗顔剤が残らないように丁寧に洗い流します。
 ↓
こすらず押すようにしてタオルで顔を拭きます。
 ↓
丸めておいたキッチンペーパーをゴミ箱に捨てます。

細かな一つ一つの作業を振り返るとこんな感じです。

洗顔剤を使わない方も多いかも。
でも、私の場合、前日に入浴中に洗顔した後、
美容液やクリーム、ワセリンなどを顔や手に塗ります。
純粋な皮脂や汗は水でも落ちますが、それ以外の化粧品や医薬部外品を使った場合、界面活性剤等水だけでは落ちにくいものがあるので、微量ですが洗顔剤を使うようにしています。

注意していることは、
・いきなり洗顔剤で洗うのではなく、その前に水で顔を洗顔する。
・洗顔剤は極限まで少なめにすること。
・こすらずマッサージするように丁寧に洗う。
です。

現在洗顔方法でお悩みの方がいらしたらご参考くださいね。


現在使っているのはオルビスの洗顔剤です。
オルビスはコスパがいい割には質がいいというか私の肌質にもあっていて、
トライヤルでもすごくたっぷりです。
3ヶ月分と言いつつも、私の場合は半年ぐらい持つこともざら。
少ない方がいいという事はありませんが、どんな洗顔剤も大なり小なりお肌のストレスになると思うので、付ける時間とつける量を極限まで少なくしたい私としては、オルビスはお気に入りブランドです。

クリアミニセット



読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックお願いします。
<(_ _)>peko
  ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 渚 at 23:39| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。