2015年12月29日

水洗顔

洗顔料を使わずに、水(またはお湯)だけでする水洗顔がお肌にいいという記事を読んだりします。
確かに、必要な皮脂まで洗い落とす心配がないという点では良いですが、盲点が一つ。
洗顔料で泡立てて顔を洗うことができないため、顔をこすることで肌ストレスを生んだり、取り切れない皮脂が残って、それが参加して老化を進行させるというデメリットもあります。

なのでひどい敏感肌や乾燥肌でなければ、洗顔料を使ったほうが汚れも落とせて肌にはよい。
とのこと。

私は、水洗顔派ではありません。
がこういった新鮮な情報を読むと、まず試してみようとします。
実際、水だけで洗おうとすると・・・・
落ちない・・・・いや、落ちてる感じがしない。ん〜〜〜洗い残しがあるというか、なにか残ってる感あるんですね。

だから、ついついごしごしに近い肌にストレスがかかるような洗い方にシフトしてしまう。
これは納得しました。

ということで、次にしたのが、洗顔剤は、極限まで少なくするという方法。
元々たっぷりつけない(他人と比較したことはないので、まあ自分の想像ですが)方ですが、それをさらに意識して、どこまで減らせるか意識して使うという方法です。

よく、使用方法に、小指大とか親指大とかってありますが、
だいたい米粒3個程度(笑)

多分。
だから、60日分ってあるのだと、だいたい半年ぐらい持ちます。
ただ、基本はメーカーがいう量が適量だと思うんですが、人の顔の大きさとか、洗う頻度、使う水の質(お湯とか、冷水とかも含め)、そして何よりもスキンケアに使うその他の化粧品の量や質、それと肌質。
こういったものって個人差が激しいもの。
だから、メーカーの推奨用は尊重しつつも、それを私なりによりベターと思う量に調整します。

で米粒3個ぐらい

なぜそう思うか。
洗い終わった後に、それでも十分落せたという実感が感じられるからです。

ということで、水洗いではありませんが、極限まで洗顔料の量を少なくしたうえで、肌に優しい洗顔をする。
これが現在の私の洗顔方法です。
これがまずあっての、どれを使うかだと思うので、方法が違っててどんなにいいといわれるものでもそれは違うんじゃないかと。


そして、私が併せて行っているのが、洗顔前の手洗
特に朝起きがけの洗顔の時は、前日入浴後から就寝中も含めて、手にはいろんな雑菌が付いているはず。
なのでそれをまず洗います。
ココでは水洗い。
で、キッチンペーパーを一枚出して、塗れたての汚れがありそうな部分はそれで拭いたりも。

手洗したら、今だとお湯でかるーく洗顔。
いきなり洗顔剤で洗わない。

その後に、先ほどの米粒3個ぐらいの洗顔剤を手に取って、両手で泡立てする。

その後に初めて本格的に洗顔開始します。

もちろん、洗った後の洗顔剤の洗い残しに気をつけながら、終わった後は、タオルで優しく顔の表面の水分を取り除く。


顔以外の体の部分もそうですが、基本、本来の体から出た汚れとか皮脂とかは、水で十分落ちるのでは?
逆に、体から出たものでないもの、化粧水や美容液、シャンプーやボディシャンとかは、水だけだと落としにくい。
だから、髪とか顔とかは特に水だけだと落としきれないか、あるいは水だけで落そうとすると肌を傷つける洗い方になる。
今はそう思っています。

こうした私の洗い方は、間違いなく他の方のと微妙にかあるいは、かなり違っていると思いますが、基本といわれる洗い方を自分用にカスタマイズしたものじゃないかって思います。
まずは基本。で自分に合わせたらどうなるか?なんでもかんでも言われたとおり、書かれたとおりのやり方に固執すると微妙な部分でずれたりするんじゃないか。
そんな風に思ってます。

今こうしてこの文章を書いている自分の肌の状態。
手で触れた時の感触。普段生活している中で痒みとかカサつきとかの気づき度、なんかをトータルで考えると、
今の状態はまんざらでもない感じです。

美白化粧品はあくまでも予防であって、今あるシミを薄くするわけじゃない。
でもうちのは違いますよ。
そう言い切ったビーグレンはえらい。というかすごい。
   ↓
頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen




はい。おっしゃる通りでした<(_ _)>


読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックお願いします。
<(_ _)>peko
  ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 渚 at 08:54| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。