2015年11月22日

個人番号カードか電子証明書か

前回の続き(前回⇒これから二郎行ってきます

昨日(日付が変わったので正確には一昨日)、二郎に行く前に市役所に行きました。
その理由は、以前市役所から届いた電子証明書の更新手続き案内で、手持ちの住基カードを更新しようと思ったから。
20151121_220011.jpg
役所が開いてるのは平日ですが、サービス業でないとなかなか平日自由な時間がありません。
今日は月に1,2度の午後出勤の日だったので、二郎前にその手続きを済ませてしまおうと思いました。

お役所の事務手続きは意外と時間が取られるとの予想を立て、余裕を見ていきました。
受付で、要件を言うと、電子証明書の有効期限を聞かれたので、持って行った役所から来た案内を見て有効期限を告げました。(持ってきていなかったらわからなかった!)

カードを渡されて、番号を呼ぶのでそれまで待っていてくださいとのこと。
ほどなくして今度は別の人に呼ばれると、再度電子証明書の有効期限を聞かれました。
うーん。さっきの人に答えなのになぁと思いつつ答える。

で、今度はまたカードを渡され、少し離れた窓口で待つようにとの指示。
その窓口の前でさらに待つこと数分。

またまた、別の職員の方に呼ばれます。
「住基カードの4桁の暗証番号を入力してください。」

(うげ、そういえば、案内にチョロッとそんなの書いてあったなぁ・・・)
と焦る。
で、思いつく暗証番号と思われる番号を入力しましたが、それではないとのこと。
別の候補の番号を入力。
またまたそれではないとのこと。
「あと一回だけ入力できます。」

(うーん。なんかすごい追い込まれ感あるんですけど〜と思いつつ)
「すみません。忘れました。」

「それならこちらの用紙に記入してください」
といわれて、もらった用紙に名前やら住所やらを記入して提出。
「では、新しい暗証番号を入力してください」
ということで、さっきこれだと思った番号を入力。

「次に、○○の暗証番号を入力してください」

(え?何?まだ別の暗証番号があるの?あったっけ?)
みたいにちょっと慌てるw

「わかりません。」

「でしたら、それも新たに指定して入力してください」

めんどうなので、さっき入力したのと同じ番号で入力しました。w


そうすると、何やら紙がプリントされて渡されます。
「電子証明書失効申請書受理通知書」というもの。


「それでは手数料として500円いただきます。」

(なぬ?お金がかかるのか!まあ手続するのだから仕方がないが、事前の案内にそんなことは一言もなかったはず)
とちょっとイラッと来ましたwが平静を装い500円支払います。

しばらくすると、また新たな容姿がプリントされてみると「電子証明書の写し」とありました。
よくわからないが、言われるままに受け取ります。

これでようやく手続き終了かなと思うと

「もう少しお時間よろしいでしょうか?ちょっと説明させていただきたいことがありますので」
とのこと。

時計を見るとあまり余裕がなくなっていました。
(これ以上時間がかかると二郎に間に合わなくなるw
あ、いや、二郎には行けるけど、仕事に間に合わなくなる)

と思い。
「すみません。あまり時間がないのですが」
と、ちょっとイラッとした口調で言うと

「わかりました。それでは手短に1分程度で終わらせます」
といわれて、「電子証明書の有効期限について」という書類を渡され
それを見ながら説明を受けます。
「今後、自宅の方に個人番号カードの申請書が届くかもしれませんが、そちらを申請されると今回発行した電子証明書が使えなくなってしまいますのでご注意ください。」

(ああ、それは事前の案内にそのようなことが書かれてあったなぁ)
と聞き流す。
「で、今回発行した電子証明書はあと3年間有効ですが、そこで期限が切れてしまいます。」

ということ。

そこで、
「では、切れる前に案内が来るんですか?

「いえ、たぶんこないと思います。」
(おいおい、そんな重要なことで、3年も先のことなのに案内が来ないのか!)
とちょっとイライラが暴走しそうになりましたw。

「はい、詳しいことは今後案内が行くと思うのでそれを読んでください」

新しく電子証明書を発行し、住基カードの有効期限が更新されたが、その有効期限切れの手続きがよくわからないとは。
なんとも心もとない話だ。
しかも、切れる前の事前の案内が来るかどうかも不明とは!
あまりの突っ込みどころ満載な状況ですが、ここで時間を取られると二郎を断念させざるを得ないので、

「わかりました。もういいです!」
そう言い放ってやっと終了しました。

上記の私のイライラをまとめると以下の通りでした。

・受付で2度も同じ質問をされる。
・手数料がかかるという事前の案内が全くなかったこと。
・よくわからない2個のパスワード(事前の案内では、「当日、カードの暗証番号も確認させていただきます)としか書かれていない)
・新しく更新された住基カードの有効期限が切れた後の手続きがよくわからない。
・有効期限切れの前に手続きが必要との案内が来るかどうかも不明
・手続きに時間がかかりすぎ(結局30分以上。こんなにかかるなら案内にその旨事前説明があってしかるべき)

というわけで、ファーストフード並のスピーディーさを求めるのは酷とはいえ、
それにしてもまったく進化していないお役所の段取りの悪さには正直閉口したくなりました。

市役所を出た後、改めて案内を読み直してみると、
平成28年以降も電子申告をするためには、
・個人番号カードを取得する(有効期間5年)
・住基カードの更新をする(有効期間3年)
の2択があり、市としては住基カードの更新を推奨するとありましたが、なぜ推奨するのかの理由は全くなし。
こちらも突っ込みどころ満載ですw

というか、
マイナンバー制度ができるんだったら、そもそも住基カードなんているんだろうかという素朴な疑問もあります。事前の案内に合った「個人番号カード」ってそもそもなんなのか、これも謎なんですね。
現時点では、申請書も来ていませんし。それが来ていないのに、「個人番号カードを取得するか、住基カードを更新するのか選んでください。市としては住基カードの方をお勧めします。でも理由は言いませんけど」ってあんまりなことじゃないかもです。


ということで、結局何が言いたかったかというと、

住基カードを更新される場合は、1時間ぐらいの余裕を見ておいた方がよいです。

ってことでした。∩(>ヮ<)q
関連記事⇒[住基カード] ブログ村キーワード

このあと、小走りに駅について、無事二郎ラーメンを食べて仕事に間に合いましたが、
あと一本電車が遅かったらかなり微妙なタイミングではありました。(^。^;)

20151120_111802.jpg
ふー。危なかったです。

読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)
ブログランキング参加してます。
よかったら応援クリックお願いします。<(_ _)>
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 渚 at 01:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。