2015年10月13日

オロナイン軟膏の使い方【ニキビ対策】

14447341909012.jpg
一家に一個は常備薬としてあるといっても過言ではないオロナイン軟膏ですが、
ニキビへの使い方は?といわれると心もとないのが現状でした。

どんなアイテムも正しい使い方をしないと効果が発揮できませんよね。
ということで、日経ウーマンオンラインにドンズバの記事があったのでその感想を含めてご紹介します。

まずポイントは医薬品ということです。
14447342045685.jpg
ここで、医薬品と医薬部外品、化粧品の違いを確認しておきます。
私の理解ですと、

医薬品:治療
医薬部外品:予防
化粧品:隠す

です。
つまり、できないように未然にケアするのが医薬部外品で、できてしまったものを直すのに使用するのが医薬品。
出来たものをカバーして隠すのが化粧品ということになります。

ちなみにオロナインは医薬品です。
14447342000214.jpg
ココを間違えると、ニキビができていないのに、オロナインを毎日のスキンケアとして使って肌を傷めることにつながってしまいます。
オロナインはニキビができてから使うが正しい使い方と言えるでしょう。
ニキビって病気なの?って不思議に感じる方もいらっしゃいますよね。
にきびは医学用語で尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という立派な皮膚病です。
つまり治療が必要です。

逆に言うと、ニキビでない箇所にオロナインを塗り続けると肌を傷めてしまいます。
このため、極力ニキビ部分にだけ使用するために、綿棒を使うと効果的です。

オロナインの役割ですが、
患部の殺菌と消毒以外に、皮膚の腫れや赤みを落ち着かせる効果もあります。

主な有効成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液で、皮膚の殺菌抗菌作用があります。

幸い今の私はニキビがないので、日々のスキンケアは、オロナインは使わずに、医薬部外品で予防しています。
いままでもやっとしていたオロナインですが、だいぶすっきり整理されました。

どんなにお肌に良いとされる成分も、角質の奥に届かなければ意味がありません。
必要な栄養分を肌の奥にまで浸透させる国際特許取得の商品がこちらです。
  ↓
アゴニキビが一番
20121123.jpg

読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)
ブログランキング参加してます。
よかったら応援クリックお願いします。<(_ _)>
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 渚 at 22:30| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。