2015年07月18日

女性のワキ&Vライン残念エピソード

夏本番と言ってもいいほどの連日の暑さ。

美容記事でも脱毛関連ネタが目につきます。


たまたま先ほど読んだのが、タイトルのエピソード


毛が濃い目なので、3日に一回カミソリで自己処理していたところ、相手から「色が違うね」と言われて「いわれんでも自覚しとるよ!」っと逆切れしそうになった。


本命でない相手とのデートで気を抜いて、ムダ毛が生えたワキを見られて「おいおい」と絶句された。


Vラインを毛抜きで抜くのが快感になった。でもおかげで埋もれ毛が生えてきてしまい困った。


などなど。



まあ、本人の気遣いとかストレス、地味な努力など、はたからは分からないもの。

他人は見た目の結果だけで平気であっさり切り捨てたりしがちです。



これ、美容に限らずよくよく考えたら、仕事も同じかな。

良ければいいし、結果でなければ残念さんでバッサリ。



でも、個々の人の結果の理由なんて、いちいち想像してられないし、当てるのは不可能だから、まあ、結果だけで評価って仕方がないかなと思います。



女性のムダ毛でいうなら、
私個人的には、残念な思い出ってほとんどありません。

それだけ相手が気を付けていたのか、自分の観察力がたらなかったのか、
その両方なのかわかりませんが。



自分自身のことを言うなら、2つ恥ずかしい経験があります。



一つは歯石

会社の定期検診で指摘され、
生まれて初めて歯石を取ってもらいました。

先生は30代と思しき女医さん。

歯石を除去した後の一言。


「歯が二重にあると思いました」



ショックで、それからは、4か月ごとに歯石を除去してもらってます。



2つめ


鼻毛w


これもだいたい同じ時期。(30歳位)


それまでは手で直にか、ピンセットを使ってました。

でも、そうすると毛根を傷めるので良くない。

そういった記事を読んでびっくり。


慌ててエチケットカッターを買って現在も使用中です。



ちょっとしたきっかけで、それまでの無自覚さを恥じることって、
結果的には気づけてよかったと思います。


これはまずいぞ。

そう心から思うと、面倒とか今まで何もなかったからとかそういったいい訳ってしないで継続できるものですね。


過去の自分に感謝です。

鼻毛.jpg
ブログランキング参加してます。
応援クリック頂けると励みになります。<(_ _)>
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
ラベル:ワキ Vライン
posted by 渚 at 22:15| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。