2015年04月28日

ビタミンC誘導体

ちょっとだけ真面目にスキンケアのつぶやきです。^^


ビタミンC誘導体って聞いたことありますよね。
私はこれ、聞いたことあるけれどなんだかよくわからずスルーしてました(^。^;)

でも、ビタミンCと何が違うのかを自分なりに理解したら、
すごく気になる有効成分です。


ビタミンCは、とても大きいサイズなので、そのままだと角質の奥には浸透しない。

なので、一旦ビタミンC誘導体という形に変えてから、角質に届いた時点で再びビタミンCに戻す。

こうすることで、角質の奥まで届かせる。



お肌に潤いを持たせるだけなら、角質で止まってくれた方がよいけれど、
シミとかだと、角質の奥の話になるので、成分にあるだけじゃなくて浸透力が問題。
じゃないと聞かせたい部位まで届かないので。


これが私なりの理解です。



だから、私が反応するのはビタミンCよりもビタミンC誘導体。



でもこれは別です。
  ↓



肌トラブルを改善するサイエンスコスメb.glen


角質の奥まで浸透させるテクノロジーで作られた美容液なので。


と、理屈こねるよりも、
つけた時の感触。


ほゎあ〜

という。
火照り感が好きです。


あ〜浸透してる浸透してる。

そんな実感持てます。



ただ、難点なのが高いこと。


このブランド。

なかなかセールしないんですね。

なので、買うとしたら年一回か二回のセールを狙って買うしかない。



ところが、

誕生日は2000円オフなんですね。

他にも保湿クリームとか欲しいんですが、
予算上無理。
最近シミとかがいよいよって感じなので、これはもう待ったなし。
保湿も大事だけれど、冬じゃないから今はシミ対策優先しないと。

なので、保湿の方はしばらくはニベアでしのぎます。(笑)



posted by 渚 at 21:56| Comment(0) | おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。