2015年02月12日

罰が当たったのか・・・

彼女に振られ(⇒http://enjoy-lovelife.seesaa.net/article/413682799.html

そのショックから立ち直るためのやけ食い・・・・



で、なんか抜けそうな予感がしたんですが、



よ〜し。

今日からまた減量だぜ〜


と思ったら、嫁さんが久しぶりの外出で外食することに。


となったら二郎しか選択肢がない。




よし。

これで食べ収めや〜


そんな勢いで行ってきました。


IMG_7862.JPG


おー

祭日だけあってちょっと混んでるっポイ。




並んでいると、

店員さんが

「大盛りの方は?」


と確認(いつものこと)



今回は誰もいないですね。


ちなみに、私は大ブタ(麺は普通で豚が多い奴)



回転イイからどんどん前の人が席に着く。

で、私も。



カウンターの角の席


私の順番がきた。


店員さん


「トッピングどうします?」




「にんにくなし、野菜マシマシで!」


店員さん

「・・あ、はい。大盛りですね」



(いや、大盛りちゃいます。)

って、目の前の食券にそっと手を触れてアピール

なんか変だが。ま、いいか



さあくるぞー

食べるぞー



で、ほどなく、私のどんぶりが。


と、あれ?


なんか多くないか?

それに、どんの下に、なんかある

IMG_7868.JPG

ん?

受け?

なぜ?



と、お待たせしました!

のコールで目の前に来たのがこれ


IMG_7863.JPG

うおえ〜

これは、もしや

IMG_7864.JPG

なんだ。この盛りのすごさは!


麺普通じゃないし〜

豚は確かに大だが、


これって、

もしかして、

大盛りの大ブタじゃないか?




これって違うんじゃ?


そう店員さんに確認してもよかったんですが、

今さら出されたものに何か言ってもな〜


そう思って確認はしませんでした。


なので、実際のところ

オーダーミスかどうかは不明。


でも、私的には多い。

不倫の罰かな〜

いや、そんなことないですよね(^O^;)



ちょっと緊張が・・・

(食べきれるだろうか)



いや、食べるしかない。

(二郎を残すなんて選択肢は私の辞書にはない)


そう覚悟を決めて、

いざ食べました。

でも・・・

二郎のオーソドックスな食べ方(まず、下に埋もれた面を引き出して野菜とひっくり返す方法)

これができない∩(>ヮ<)q

やったら確実にあふれるんでw

IMG_7865.JPG

うーん。しかたない。

このままだべるか。

・・・・

やっぱり、おいしいな。

この店は豚がわたし好みの固めだし、

緬もね。


で、野菜はシャキシャキっとして。


口コミ情報だと、

いまいちっていうのも目に付くんですが、

なんで?って思うほど私には美味しい。



でも。


途中でくるしくなった。

まだこんなにあるのに

IMG_7866.JPG


いわゆるうどん麺と言われる極太の麺が、

途中からきつくなってきました。


当然食べるスピードも鈍化



が、

食べました。


最後スープは飲みきれなかったが

IMG_7867.JPG


うぉ〜


完食したぜ〜

オーダーミス(たぶん)で超大盛りだったが、
食べれた!


この達成感。

これが二郎ですね。




前かがみで重かったお腹ですが、

駅までの約20分を歩いているうちに、

いつの間にか超高速で私の胃袋が消化してくれたのか、

意外と楽になりました。



うーん。

ある意味ラッキーな一日の締めくくりでした。



よし。

これで失恋のつらさも吹っ飛んだかな〜


ただ気になったのが体重です。


入浴前に、

体重計に乗る。


緊張感と言うよりも

まあ、今日は仕方ないな〜

そう思って半ばあきらめモード




で、結果

IMG_7869.JPG

増えた(当たり前)


で、でも

たった0.2s


♪ヽ(´▽`)/


わぉ〜

何でかわからんけど嬉しー


完全復活だ〜

(気分的にはシュワちゃんのI Will be Back (笑))

長文読んでいただき感謝です。
ブログランキング参加してます。
応援クリック頂けると励みになります。<(_ _)>
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
ラベル:二郎 大盛り 画像
posted by 渚 at 04:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。