2018年01月30日

他人の声が気になる瞬間

最近は、仕事帰りにマックによって昨年購入したノートパソコンで作業をして帰宅するのが日課になっています。
毎回100円のSコーヒーで結構粘ってしまっています。
マックの関係者の方ごめんなさい。

混んでる時間はさけて、席に余裕がある日、時間帯を選ぶようにしていますのでご容赦ください。


さて、この文章も自宅近くの最寄り駅のマクドナルドで書いていますが、私と同じように一人で来店し、ノートパソコンで作業される方が何人もいます。

で、人によっては、気にしたくないのにやたら気になる人、逆に全然気にならない人がいて、なんでかなぁとちょっと目の前の作業をお休みして考えてみました。



心当たりがある理由の一つ。
それが音でした。


音。


それは、主にキーボードを打つ音だったり
携帯で話す話し声だったりです。


先ほどまで私の少し近くにいた男性の方は、キーボードを打つ音。
特に、おそらく最後の開業キーを打つ時のやたら大きい音にちょっとイラっとしてしまったりもw


あと、携帯で、周囲のことをまったく気にしてないなぁと感じてしまう話声なんかも気になりますね。


でも、キーボードを打つ時の音は、何デシベル以下にしないといけないとか、携帯でしゃべるときの声のトーンは抑え目にしないといけないなんてルールはありませんから、これは相手を責めるのではなく、気にする自分をどうにかしないといけないですね。


私も以前は今以上にこういった周囲の環境に影響されやすかったのですが、最近ある本を読んでからは少しずつですが、自分のそういったネガがマインドをコントロールするようになってきました。


マインドフルネスというのだそうで、人は常にいろいろな思考に流されやすい。そういったとりとめもない思考にいちいち反応して、良いとか悪いとか評価することをやめて、そういった自分の思考や思いをそのまま受け入れて観察するというものだそうです。

こうすることで、いろいろな感情そのものは自分とは別物であるという意識ができてきて、目の前のことに集中しやすくなるのだそうです。


これは、自分の呼吸を意識することで培われるということで、思い出しては自分で自分の呼吸の状態に耳を傾けるようにしています。

まだ自分のマインドをコントロールできてるという手ごたえはありませんが、そういった意識の訓練を日常生活で継続することでより充実した生活が送れるんじゃないか、そういった漠然とした期待感みたいなものはありますね。


読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 渚 at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

褒めるのは上から目線!?

自宅で子供とか、会社で部下とか褒めるって普通にあるし、いいことだと思ってたのに、それって良くないというのを聞いて、


何で?

聞き間違い?

って思っちゃいました。



が理由を聞いてなるほど〜〜〜となぜか納得してしまった私w



気になる理由ですが、


褒めるというのは他人を評価するってことにつながるんだそうです。



頑張ったねぇ〜〜〜


よくやった!


思わず、

貴乃花に対して言った小泉首相の「痛みに耐えてよく頑張った!」というあの流行語を連想しちゃいましたがw




この言葉の主語って「あなた」とか「お前」


つまり、他人を良いとか悪いとかどうしたとかって「評価」してることになるんだ。

これって上から目線といわれればそうかも・・・



なぜなら、悪く評価されたときにたいていの人って



「お前に言われたかないっ!」


って思いますから。


結局子に対する親とか、部下に対する上司とかって立場の違いで合って、絶対的な上下関係じゃないですからね。
親なら何でも好き放題気分次第でいいかというとそんなことないし、上司だから無理難題一定以下といったら給料もらえなきゃ誰がやるかって思うことには従いたくないと思います。


それに、褒める行為を多発すると、褒められるからやるという本来の行動の目的とずれちゃったりしそうですね。

小遣いもらえるなら勉強するとかw

あまりにビジネス来期過ぎるのもトランプ大統領みたいに批判を生んだりしますよね。



ということで、基本、人間は上下関係というのはなくて、フラットな関係と考えるのがいいそうです。


では、褒めたいときはどういうか?



例えば、子供が率先して家の掃除とか勉強したら


「うれしい」


というのが良いんだそうです。


それってさっきの「頑張った」と何が違うの?って最初思ったんですが、
主語が違うんですね。



「頑張った」ってのは先ほどあったように主語は相手


ところが、「うれしい」の主語って自分なんですね。


これを「アイメッセージ」というんだそうです。



これ、褒める時だけじゃなくて叱るときも大事だそうです。



なぜなら、

失敗したときに
上から目線で


「何やってんだっ!」


と怒られたときに


こっちだって一生懸命やってるのに・・・


って場合によっては反発したくなるかも。




でも、


「お母さんは悲しい」


といわれたら、その事実は否定できないんですね。
なぜなら本人がそう感じてるなら変えようもないので。

逆に、言われた当人がしょうがないって思ってると素直に相手の言うことに耳を貸したくなくなります。



ということで、アイメッセージ(愛メッセージとも書く?)
意識したいです。

読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ

そもそも叱るとか褒めるとかなくて、無批判ってもっとよくないのかも。

愛してるの反対語は無関心だってたしか夏目漱石が言ってたはず。

233076.jpg

posted by 渚 at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

肌荒れ対策にスクワット

順天堂大学の小林弘幸先生の書いたこちらの本


死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい

スクワットが注目されています。

私も毎朝10回していますが、今朝のラジオで小林弘幸先生が出演され、
肌荒れ対策にはスクワットがいいとおっしゃっていました。


ただし、コツがあって、スクワットで下に沈む際に腰をひねる。
これで腸が刺激されて肌荒れ対策になるそうですよ。


ということは便秘が解消されるってことかなぁ〜〜>

読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
posted by 渚 at 07:07| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

馬鹿にできない手足のむくみ

椅子に長時間座りっぱなしだと人によっては肩が凝ったり背中が痛くなったりするそうです。


私の場合は足のふくらはぎ。
結構張ってるのが自分でも自覚できるほど。


あれこれストレッチとかもんだりするんですが一向に改善されないのであきらめていましたが、年明け早々の生島ヒロシさんのラジオで、足のむくみの取り方が紹介されていました。


どこかの先生w


やり方は2つ


座った状態で、つま先を膝より少し前に出して、両足のつま先を膝の方に向ける。そのあと元に戻す。
これを1セットで、それをゆっくり10セット。
そのあと、今度はスピードを速く10セット。




もう一つは、同じく座った状態で、片足を前に伸ばす。
その状態で伸ばしたまま足を軽く上にあげてから元に戻す。
これを
1セットで20〜30セット行う。次にもう片方の足も行う。


これはやったことなかったので現在やってる最中です。
プラシーボ効果かもしれませんが、少しふくらはぎのむくみが和らいだ感じがします。

2d849de344ff9a205b2e1df9f3b93fc0_s.jpg
読んでいただき感謝します。ヾ(>▽<)・・・!
よかったら応援クリックも
<(_ _)>peko
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
ラベル:手足 むくみ 解消
posted by 渚 at 15:33| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする